知能アルゴリズム研究所


よろしくー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
信じるな理解せよ 能書きなど信じるな
知能アルゴリズム研究所スタンス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

youtube動画チャンネル

Link →  漫画サイト
Link2→  漫画サイト2作りかけ2017/06/14

Link →  著作権譲渡形式音楽販売
今、生活が生活保護のため、仕事困難


公式テーマ曲 MagicaR.mp3

コメントやご意見や連絡はメールでよろしくね
intelalgorithm(あっと)ninus.ocn.ne.jp
(スパム防止のため(あっと)は@に置き換えてください)

<基本、国内向けの記事で海外の人を想定した記事じゃないです>
<英語圏向けにするなら英語で書きますよw>


WAATANABECHANNNELyoutubeLIVE!(GameETC)
ニコ生ch

カテゴリ: 戦略論

mem
参謀長の芽夢だ

歴史=必然=固定であり歴史IFは低能の証

だが その前提で

ミッドウェー海戦の「わたくしの戦術案」を

記しておく




大和を第一陣に据え 機動部隊を大和の防空圏内、かつ航空機の保護範囲下に配置し
それが第二陣

敵空母 敵空母 敵空母


    大和 戦艦群

日本空母 空母 空母


1.敵機動部隊が大和を無視して空母へ向かう > 大和直進で敵空母は大和の攻撃を受ける
                      > 大和は同時に味方空母の防空を担当できる
2.大和を攻撃してきた場合 >大和は囮にして航空機で敵空母を撃滅する

大和はこの際、沈んでも構わない
大和と引き換えに エンタープライズ ホーネット ヨークタウンを討ち取れば
決定的勝利だ

この肝 は 大和と空母で直進して敵空母を 艦砲 と 航空機 両面で攻撃する為
敵の攻撃目標の分散 と 装甲の極めて薄い空母の防空に利用できる点

ミッドウェー島の基地を攻撃するのは「大和でするべきだ」
虎の子の有能パイロットたちをミッドウェー島攻撃に使うとか「頭おかしすぎる」
それにより日本の職人芸パイロットという国宝級の人材を無意味に失った

敵にとっては空母へ大和の艦砲を受けると 「確かに脅威だ」
それを回避すれば 敵は後退するしかなくなる
大和への攻撃を優先すれば、その間に日本の空母から航空機を繰り出して敵空母を攻撃できる(戦艦を囮にするプラン)
空母への攻撃を優先すれば、空母の艦載機による防空網と大和の艦砲による防空網で敵航空機を跳ね返して燃料と弾薬と敵航空機を消耗させ、敵の艦載機は帰投するしかなくなる
大和と空母を両方攻撃してきたら まさにそれこそが「罠」
そして日本はそのまま進軍し「大和含めた戦艦群で」ミッドウェー島を占拠する

つまり大艦巨砲主義の衰退 どころか 大和を囮に使う作戦
(そもそも航空機でミッドウェー島への打撃を与える発想は愚劣の極みだった)

沈んだらそれで構わない。もともと使いみちはなかった
今も「東シナ海にゴミとなって漂っている・・・付録で3千名の兵士の遺骸もあるそうな

少なくとも敵空母の航空機への 防御 について 「何も考えがなかった」のが
赤城 加賀 蒼龍 飛龍 の 敗因 兵力分散がミッドウェーの敗因

山本提督ほどの人物が兵力をいたずらに分散させるはずがなく
大和後方待機には意図・・・揶揄があっただろう
**政治的な意図ありとして共謀罪(笑)も適用できそうだぞ**

山本ははじめからミッドウェーで負ける気でいた
それは戦略的に「正しい判断」
SF銀英伝では帝国領侵攻作戦についてシトレがそれをはっきり語っている

私はこの作戦が最小限の被害で「失敗することを望んでいる」

その気持と山本司令官の気持ちは「ほぼ同じだった」
もともとミッドウェーでは「最小限の被害で負けるつもりだった」

わたくしも同感で
戦略的にはミッドウェー攻略など「必要ない」
それよりも「外交的な決断の時期だった」
戦略を踏まえれば、ミッドウェーは負けるべきであり
わたくしが従軍し赤城艦橋や大和の艦橋にいたとしても
この作戦案を内心だけで 破棄する

(ほんとうにしたやつもいたかもしれん)
もちろん、わたくしが赤城艦橋にいれば「死ぬかもしれんが」
大したことがないことだ。どうでもいいことだ。

責任は外交の時期を逸した低能の政府に帰するべきだった。


日本軍は同じアルゴリズムで日中戦争でも敗北している

WIKIより引用
-------------
大日本帝国の中華民国からの租借地であった関東州(遼東半島先端)の守備、および南満州鉄道附属地警備を目的とした関東都督府の守備隊が前身。司令部は当初旅順に置かれたが、満州事変後は満州国の首都である新京に移転した(現在の長春市であり、司令部跡は中国共産党吉林省委員会本部となっている)。「関東軍」の名称は警備地の関東州に由来し(関東とは、万里の長城の東端とされた山海関の東側、つまり満州全体を意味する)、日本の関東地方とは関係ない。
張作霖爆殺事件や満州事変を独断で実行したことは、1920年代からの外交安全保障戦略を現地の佐官級参謀陣が自らの判断で武力転換させたことを意味し、その後の日中戦争(支那事変)や太平洋戦争(大東亜戦争)に至る日本の政治外交過程を大きく揺るがす契機となった。なお、満洲事変は、参謀本部・陸軍省といった当時の陸軍中央の国防政策からも逸脱していた上、明確な軍規違反であり、大元帥たる昭和天皇の許可なしに越境で軍事行動をする事は死刑に処される程の重罪であったが、首謀者達は処罰されるどころかみな出世した。
------------
こいつらを軍規違反で殺すべきだった
しなかったから大日本帝国は負け祖国は炎上した
左官の分際で「陛下の御意を無視する罪人を殺さないから負けた」
朝鮮の慰安婦も 南京大虐殺も こいつらのせい

当然、わたくしはそんなに「甘くない」
「現 在 の 同じアルゴリズムを示す人間」わたくしの監視の対象であり、状況次第で殺すことも考えている
大日本帝国を敗北に導き 日本国まで敗北に陥れるのは「許さん」


芽夢参謀長の哲学:霊感のないやつはどんなに努力してもダメだ




myphoto0525-2

















img_0













        
貴殿の奮戦は戦略的に無意味であり戦術的には不可能である
石の上にも3年というどの石に登るかの点において
戦略的な誤りを戦術で償えないという 代表的な例w

目先の盲目的な突撃はやめて 後退せよ

ダメ人間の特徴だろう


↑このページのトップヘ