20161003_170848
女に傷つけられて始まった人生があり

怯えて逃げてきた44歳の僕がいる

なんで童貞なの?

女に怯えてたから


そして僕は

女子力を身に着け 愛を奪い 今こうして

復讐 している


ずっと怖かった 俺が俺である事が

俺は俺でいいよね って 素直になれた

ずっと女子が怖くて 黙ってた 我慢してた

40年もずっと 強い女に負けてた


でももう僕は女性に引け目を感じなくてよくなった

女は僕を傷つける存在であり敵だったけど

「やっと言える」

もう女の事で 泣く必要はない


稼げない男はダメだとか 言われてひどく傷つけておいて

「何も悪くないような傲慢な態度」

何度も煮え湯を飲まされて そのたびに 我慢したよ


地獄だったね


もうお前の勝手にはさせない 俺のターンだ

40年以上も 女性の愛に 負けて 負けっぱなしだった俺は

「もうお前に負けない」


俺は唯一怖かったのが 女の愛だけだった

でも 奇妙に男子化して 大事なものを投げた

お前にもう愛はない



愛のない女に頭を下げる理由は0

ずっとお前のわがまま放題だったが

これからは俺のターン



よくもやってくれたな

40年の苦い我慢の末に「復讐している」


俺が俺で何が悪い!

俺はやっと 被った猫を 脱ぎ捨てて 孵化し

素顔になった


結局は力によって押さえつけられてただけだった

女に頭が上がらなかった男は

愛を奪い返し お前への憎悪を 隠さないでよくなった

お前が嫌いだ と これで心置きなく

はっきり言えるな


ああ、よかった

40年もよく我慢したものだ

それは女性に愛があったから 頭が上がらなかった

もうお前に負けないほど強くなったら

誰が貴様のようなクズに 性別だけで頭を下げるものかよ


俺が俺を偽装し 猫被ってのは お前が怖かったからな
もうこの先死ぬまで 女にいいようにはさせない
俺のターンだ


別に俺に反抗して構わんぞ???

俺 もともと 戦うのが大好きな 戦士だから
血まみれになるほど 殺し合っても恐れない


男性が女性を保護し守るのは
女の戦いに男が弱かったから であり
男が単体で女子の戦いに負けなくなったとき
男が女に優しくなるべき理由は ないのだということ


ずっと言えなかった 女が怖かった
傷つけてくるから

でももう そんな惨めな想いをしなくて よくなった
我慢しなくてもよくなった


俺が俺で何が悪い 否定するなら 「お前は敵」
ずっと女性の愛の強さに 恐れて 逃げて
俺は俺の欲しいものが言えなかったのさ


ごめんな我慢させて 俺
だがもうそんな惨めな思いをしなくていいのさ
俺は俺でいい

邪魔なら女子であろうと 斬るだけの事
性別だけでは価値がない事に 気づいたからな
敵対するなら 戦い 噛み咲いて 引き裂いてやる


40年の我慢の末に 俺は俺に素直になれた


俺にとって俺を脅かす最大の敵は女だった
もう惨めに逃げ回る必要もない
苦い思いを飲み込んで黙っていたが
40年の孤独と我慢が俺を強くした

もう俺は負けない
この先ずっと俺のターン

現在の女性に正義なし愛なし
守るべき何物も ない