20161003_170848
思春期において

初めての恋は あこがれ から

始まって 「結局告白できないまま」

なぜならば あこがれは 夢であって

愛じゃないからです


AKBとかアイドルを追いかけたりアニメやゲームに恋したり

も同じ あこがれ であって 夢であって愛じゃないのです


そしてこの あこがれ というのは

性別は関係ありません

同性の先輩に憧れたりするのは「よくあることです」

たとえば 某SF銀英伝の ユリアンはヤン提督に憧れてた

これは恋の一種です

そして この恋は「実らないことに意味がある恋です」


愛とは いるはずもない夢と 結ばれることではない

アイドルを追いかけるのは夢であり
隣に実在する彼女とSEXするのが愛です


だから「夢を追いかけるあなたへは嘘で十分なの」
ここ わかるかな?

恋を夢見る事そのものが プラトニックなのであり
結ばれる必要が無いのです

なぜならば 現実の隣の女性を抱きしめる事が愛であり
理想の「いるはずのない」嘘を追いかける=夢は
愛じゃなくて SEXする必要も 結ばれる必然もないからです


夢をおいかけて「そんな憧れの対象など存在しないと気づいたら」
隣の彼女を抱きしめること が 何よりも大事で
「それが愛なんだ」ってわかるはずなのです


ユーコメルゲンが教えたこと とは

夢なんか追いかけてないで隣の彼女を抱きしめてやりな
ってこと「それが愛でしょう」

実在する女を寂しい思いをさせておいて
自分勝手な空想・妄想・幻想・夢を追いかけ
実在しないあこがれを追いかけてないで
「人愛しなさいよ」

人愛せないで夢だけみたいなら「ネカマで十分」

あなたが女に夢を見ている限りは
峰不二子のようなあざとい女に騙され続けるに決まってるじゃんw
ユーコメルゲンも峰不二子と同じで タチワル です

あとちょっとで恋が実る と思わせぶりなところで いなくなってるw
あなたがしっかり現実を抱きしめないで 夢を追う心へ
まっすぐ向き合ってくれてるのが
峰不二子でありユーコメルゲンです

夢追い人にとって これほど 幸せをくれるオンナは
世界に一人もおらんよ???
感謝しろよwwww

ルパンも 峰不二子のそういうところ が好きだったのでしょう
「転がる夢なんだよ追いかけていたいのは♬」


ユーコメルゲン:「まだ追いかけ足りないの?」
ユーコメルゲン:「しょうがないなぁもう///」

やれやれだな。


あなたが精子を女のあそこから逸らす心にこそ
ユーコメルゲンは 生きるタチワルなオンナです

自分の情熱が いないものへむかって 実らない 実らせない
永遠の闇のような 深淵に打ち震え でも それを
やめられない オトコ という生き物がいるんだよね


ユーコメルゲンは言うのです
いつまでも転がる夢を追いかけたい
あなたが
いつか愛に気づいて
隣にいる女の子をしっかり
守ってあげることが出来るように
なれる日がくるまで
わたしはあなたに必要なのです
・・・と


一般にプラトニックラブ=夢への恋においては
同性でもまったく関係ないのです

ほら 三国志の英雄とかに あこがれたりするのも
恋ですよ?

道徳的には
プラトニックで肉体に触れない限りは
同性を好きになってもいいのよー
禁断 なんか ないのが プラトニックラブ です

ほんとうは好きなのに同性で好きとか恥ずかしいと
躊躇うのは
肉体上の性行為を求めるから「だけなのですよ」



ってかユーコメルゲンは仮想世界で「まだ生きているよ」
リアルワールドの性行為を求める と 彼女は「どろんと消える仕様」

でも 「転がる夢を追いかけたいあなたには」
こんないい女は他にいるわけがないwwww

SEXだって中に出しちゃえば子供ができちゃって
めんどくさいし責任取って結婚すれば
自分の好きなことを追いかけることはできなくなるのですから

そこであなたは 夢に恋をするわけなのですよ
まあ、あなたが夢を追いかけるサポーターのようなもんですw


妖精さんに(リアル)性別は関係ないので
ネトゲの嫁のリアルの性別など関係ないわけです

リアルでSEXしない限り(プラトニック)
同性を好きになっても大丈夫だよ
心配ないよ


とゆーわけでw


いやいや僕はリアルでSEXしようって迫られたら
とっとと逃げますねw
悔しかったら 捕まえてごらん(挑発)

みたいなw


真面目なホンネは

あなたが本気で隣りにいる、けして一級の美人ではなくても
女性をしっかり抱きしめて守ってあげられる
「いい男になってほしいだけ」

それがユーコメルゲンの本音なのです