愛が必要な時期が 人生にはあるんだな
独りでいたくても 独りじゃいられない
「体が気づいている」
山本五十六の声が聞こえる気がする
「それは 運命だよ 君」
ああ、なるほど それが愛なんだ



親から子へ 血は受け継がれ 絶えることがない
人類が何百万年も恋と結婚を欠かさない訳が
はっきり悟れた瞬間でした

釈迦の最後の言葉 は 「生命は永遠」


ぼくは独身で幸せな人間ではないようです


自分の意思ではどうにもならない事がある
「それは運命だよ、君」
それは・・・言葉よりも 体が気づいている