yuko1118-128px結婚とは 他の相手に 手を出してはいけない

という 拘束ではありません

普通の、まあ男性だから男側の話にしますけど

妻に亡くなられると 廃人になる

普通の旦那は そうなりますw


ガンソードの レイ・ラングレン とか
銀河英雄伝説外伝螺旋迷宮の  アッシュビーの参謀長 アルフレット・ローザス とか
実は 不倫好きのアッシュビーですら 子供の頃からの馴染みの奥さんと 別れて
心を埋めるすべを 持っていなかったという話

レイが言うには けして埋まることのない苦しみ なのだそうです


結局 そこまで好きになってこその ご結婚ですから

いっときの 利害関係 財産とか 地位とか どうせ老いる容姿とか そういうので

ご結婚は ありえません

https://www.youtube.com/watch?v=kYFqI9h7MTw

命さえもいらないわ♪ 一度の人生それさえ捨てることもかまわない♪

これは生命蔑視や自殺企図や 命を賭けたわがまま ではありません

「そういう気持ちになったことがない人には わからない歌詞です」

・・・そうですね そこまで 好きになれるような いい人 めったにいませんから。

人生で一度も 現れない人も いるでしょう

でも そこまで好きにならないと 「はっきり言って結婚は苦行でしかありません」

かりに経済的に恵まれていても 苦痛 しか感じないと思います


不倫 とは ほんとうの意味で 代替が効かないほど 好きになっていない人と

利害関係で ご結婚なされた 苦行の結婚 を意味します


SFで言う ミッターマイヤーは 愛妻家でものわかりのよい軍人ですが

妻を失うと 「たぶん凶悪な暴君に変化すると思います」

そんなミッターマイヤーを ロイエンタールは 理解できないw

ひとりの女なんかに よくも飽きもせず 愛せるな  「俺には理解できん」

というのが本音でしょう

ロイエンタールもモテモテなのですが  日ごとに付き合う女性が変わったりする人でした

彼は ほんとうは そこまで 好きになってないのでしょう

彼が こだわり 惜しみ 大事にするほどの 女性を 見いだせないままで

リヒテンラーデ公の一族の エルフリーデ・フォン・コールラウシュという

ロイエンタールを復讐心から ナイフで殺そうとした 女性に 興味を持ち

一応 子供を創りました(苦笑)


女など使い捨ての道具にしか思ってないフシがあり 飽きたら捨てる男でも

子を実らせる価値がある 運命の女性は いたようですw


まあ、こういう感じで 普通の旦那は 妻を失うと廃人になる ものですよw

実際に失ってみると 「自分自身で驚くほどショックが長引く」 ものらしく

それは言葉で言ったりアニメで見たりしても 「わからないと思う」

<そういう気持ちになったことがない人には>


愛って そういうものです


何かを勘違いした病人は 愛より経済 と 言いますが・・・・

「あなた何も知らないのね」



愛妻家にとっては 他の妻よりセレブで美人に 言い寄られても 貢がれても

邪魔だぞ 殺すぞ 消えろ

というのが本音でしょう

不倫など 頼まれても 何の興味もないw
 
というのが本音でしょうw

しつこくつきまとうと  「目に憎悪が燃え始める」 ほど 嫌われますw


愛とはそういうものですw


「だから人類で一番保守価値がある とされているのです」
 
3月7日リンク修正)

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=1573

銀河英雄伝説 外伝 「汚名」

三角関係で もつれてしまう話で 友情と愛の間の話です
・・・人生勉強にはなります
今流行の 麻薬についての勉強にも なりますぞ


いつものテキストSF銀河英雄伝説で申し訳ないのですが
人生勉強に とても良い教材です
DVD購入しても 十分な利益がありますので 投資できるお金がある方は
知能を増やす投資になります


もちろん、わたくしにも同じ経験 ありますよw 当然じゃないっすかw

好きな人を亡くして 廃人同様になった経験も。

そこまで好きになれる人など いるわけがない   ・・・と 思っていたのに


「あいつは俺にとって単なる仕事仲間だった・はずだった のに」

みたいな?w


 
キルヒアイスも 好きな人亡くしたら 「とんでもない暴君になりそうだよね」