知能アルゴリズム研究所


よろしくー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
信じるな理解せよ 能書きなど信じるな
知能アルゴリズム研究所スタンス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

youtube動画チャンネル

Link →  漫画サイト
Link2→  漫画サイト2作りかけ2017/06/14

Link →  著作権譲渡形式音楽販売
今、生活が生活保護のため、仕事困難


公式テーマ曲 MagicaR.mp3

コメントやご意見や連絡はメールでよろしくね
intelalgorithm(あっと)ninus.ocn.ne.jp
(スパム防止のため(あっと)は@に置き換えてください)

<基本、国内向けの記事で海外の人を想定した記事じゃないです>
<英語圏向けにするなら英語で書きますよw>


WAATANABECHANNNELyoutubeLIVE!(GameETC)
ニコ生ch


yuko2

パパは いつも あたしを守ってくれた

家出した時も 迎えに来てくれた

いつだって 自分のことすら できないような

あたしを 助けてくれた





男の人って 強いから

守ってくれて 当然だと 思ってた



パパがママを失った時 廃人同様になった時

あたしは 自分の悲しみばかりで パパを思いやることもなしに 泣いてばかりいて

パパにとって あたしがママの 代わりになれないことで よけいに

追い込んでいたのね



ほんとうは HELP 叫んでいるのは パパの方だったのよね

いつだって あたしを守ってくれたのは

パパも ほんとうは 同じ HELP だから 自分よりもあたしを 守ってくれたんだよね

 

「わたしがあなたを護ります」

揺るぎなき 意思・・・

それは ほんとうは あなたへの 悲鳴 HELPサイン だったのです



すがっていたのは 誰なのか

あなた を 助け続け 与え続けた
誰かさんが 何よりも 誰よりも 助けてって 叫んでた

今日も 君は 気づかない・・・・




ボクが 笑顔で 他人の恋を 祝福しているのは

ほんとうは 誰よりも ・・・

矛盾して 言えないような 心 うらはらな

切ない心を

誰か助けて(悲鳴)

お願いだから・・・・

どうしようもなく うらはらで 矛盾した こころ

その 悲鳴 が

笑顔に 道徳に 形を変えて いるだけ




ということなのです
 
そう・・・それは パパも ママも 死んで やっと わかったことでした・・・・

父が死に 母が死に

「やっと 自分以外の物を 大事にする意味が わかりました」

それは 守られてたのに 甘えてたってこと でした


いて当然の 父と母が いなくなった 「あとで」

誰かを守る って そういうこと だと 気づいたのです


いて当然の母と父がいる からこそ

あなたは 他人を守らなくて済み 守られる側 であり続け

自分の夢や欲望を 素直に 追いかけることができます



親の心 子は知らず

親が死んで 子は

誰かを命に変えても守ること に 「気づきます」

それは 子が親から
親の身よりも優先して守られていた事 に 気づかない


それは既婚者でも わからないものです


父と母がいる 間は・・・



yuko1118-128px
日本人は 空気を大事にして 心を読むのが 長所の民族

いつでも人の感情が すべてに打ち勝つ という物語が 多い

難しいことわかんないけど ムカつくぜ 「までしかわからない」



これもこれで 欠点でも あるが 美点でもある


PSO2のシナリオが 面白くて ずっとストーリーボード追ってたんだけど

(詳細の説明は ぜひ PSO2やってみてねw)

マザーが主人公の 八坂火継 に 打ち倒され

火継らと 仲直りする シーンが有る


一人で神様も寂しかったんだよね と 手をつなぐ シーンが有って

空気として 幸せな空気 だったところへ


「人類を正しい 進歩 へ導くと称する金髪のアーデムというオトコ」が

マザーと仲直りしている 最中に 殺害してしまう


ここで アーデムという人の限界が露呈する

KY であるw


日本人が 空気を大事にする のは 欠点でもあるが 「大事なことでもある」

火継の兄貴エンガは もともとアーデムと友達で仲間なのだが

エンガは 虫唾がはしって どうしようもない

「その気持を完全に 読み取れていない アーデムがいる」

人の心がわからない という 劣化遺伝子 所持者だと 断定できる


たとえば
ゴキブリの気持ちは 上位互換の人間には 「わかるはずなのだ」


それを完璧にスルーする時点で アーデムは 人類を導くような 器ではなかった

あきらかに 猿の上位互換ではなく 猿の心を読み取れないだけの 愚か者

 
これをKYと言うのだろう

これが アーデムが 八坂火継ら 一党を 説得できなかった理由であり

おそらくは 主人公らの敵として 無益な抗争をして 人類をもっと停滞させることだろう


このアーデム君は 王族や貴族のような 「腐臭」 がする
 
それはつまり 「人の心がわからないKYの病気がある」 ということであり

実は この種の存在が 「日本人の最も 敵 として 物語に出てくるわけだ」


人のこころを 乱したり 怒らせたり 憎まれたり そういうのが 日本人の最大の敵

であり それは 命がけでも 戦って 死んでも諦めないで

その怒りを通そうとするだろう 「そこが日本人のDNA」


公平に見れば

空気に流されて 正邪善悪を間違う 欠点としても 見れるが

人の心を大事にし それは 生きる死ぬよりも
かけがえのないものとして 大切にする 日本人の 美点 でもあるわけだ


例えば 安倍首相が 云々(うんぬん) を でんでん と読み違えただけで
いじめが始まる というのが 「空気というもので理性を飛ばす日本人の欠点」
でもあるわけだ


そこで アーデムという人が 完全に計算を間違うのが

人の心を 読み取れない KY によって 敵を倍増させる


なんかあいつ ムカつく というのは 理由があって
人の心 という 幼稚なことですら 「見えてない」 「読めない」
からこそ 子供に 憎まれて 嫌われる わけw


ボクは純潔日本人です

ミュージシャンとして ファンなど 不要 追いかける ファンという存在そのものが「悪」

ファンなど いらん どっかいけ とか 平然と いいますけど

「若い頃芸能人に恋しておっかけをして相手は結婚して自分は発狂して精神病院の保護室で目覚めた経験がある」

ボクは 人の心を 見落とす人間じゃ ありません

何度も 苦い思いをして 裏切られる人間の心 や 復讐心 や 心の叫び といったものを

ほぼ全部 網羅して 今ここにいます


綺麗事語る 説得力の 裏には 何度も苦い経験がありきで 無表情のKYを 装って
冷酷な現実の中で 道徳を 語る 姿勢となっています

つまり 大人とは 子供の上位互換なのだと そういうことです


韓国人などがいつも言う うらんだりする気持ち や 傷つけられ支配された人間の 苦い思いが
何も知りもしないくせに 「祖先の罪を子孫に被せるのは誤りだ」 と 正論言うのならば
アーデムと同じで 説得も 感化も できないでしょう

それとか ライバルへの嫉妬心とか 羨み妬み 恨み と言う マイナスの心が
わかってなくて 綺麗事言うならば

その正論 全部 「でたらめ」 です


ここが 日本人にとって 最も大事な守るべきもの です

それは 空気 というよりも 「心」 です



理屈として正しいとしても 心で 納得がいかない 事は
日本人は 「絶対に認めません」

逆に問題になるのは

理屈として間違いでも 心で 納得させると 「認めてしまう」


どのみち 心で 物事のすべてを 判断する のが 日本人の守るべき大事な物
なのです


その意味で アーデム は 不適格な指導者 として 主人公を敵に回し
友達のエンガ兄 も 胸糞わりい という理由で 敵にして
アーデムの言う 人類を進化へと導くという 目的にとって 「自分が一番その阻害要因」

なにせ 猿の心も わからない 劣性遺伝子ですからw


日本人の創る物語のストーリーは 常にこの 心 というものを基準にして
全てが構成されます


アニメ ガンソードの 導師 と言われる 悪役も 同類で
正しいことをすると言いつつ 人の心を無視していく

なんで立派な事しているのに 単純で幼稚な人の心すらスルーするのか?

これが 日本人の守りたいもの なのです



だからどんなに 正しくても 心で NO と判断すると
「死んでも諦めないで未来永劫 抵抗し続けるでしょう」


まどか☆マギカも 同じで

希望を持つことが そもそも 絶望を生み出すのだ
とか 理屈は正しいのかもだけど まどかは 「それは違うと言い張り続ける」

そこが 心 というもので 正しくても強くても 「心で NO と出れば」
すべては 敵となり 永遠に抵抗する

それが日本人の 守りたいもの なのです


道徳などわたくし 正論 常に言いますが

例えば 人を妬んではいけません と言うとして
強烈な嫉妬心 が ない人や わからない人が いくら言っても
誰一人 聞きませんし 価値も認めません

日本で道徳が軽視されてきた理由は それだったのです


底辺から見上げたら TVとかで映る 今をときめく 美人やイケメンとか高収入とか
殺したいくらい 羨ましい ものです

その気持がわからない人には 上位の地位を 絶対与えない
出る杭を打つ 日本のシステムです


女性に対し 「あれも欲しい これも欲しい わがままばかり言うな」
とか 平気で 言いますけど
「あれも欲しい これも欲しい めいっぱい人生楽しみたい 心 が 見えないで言うならば」
彼女らは 絶対に ボクの道徳など 認めません

日本では 心 がわからない人は 全否定されます


逆に 心を いろいろ 知っている人 苦い経験いっぱいある人 苦労いっぱいしてきた人 には

そういう人には 何も言わずに 何の資格も学位も実績もないのに
素直にその意見を 聞いて 頭まで 無意識に 下げているものです

そういう 素直な心 が 日本人の命をかけても 守りたいもの なのです


PSO2をやってて アーデムという人は 人の心がわからない 上位者の資格がない人
だと思いましたw


ボクは よく誤解されるのですが りこうなんかじゃ もともとないw
「いわゆる おしん という生き方に 近い人生で」
苦労ばかりをしてきた 心の痛みの 集積体 でもあるのです


それを公に 自分ではっきり言えるようになったのは
それが一定量を超え それらを 落ち着いて見直す余裕ができ 心の整理がついた からです


スターウォーズで言えば

アナキンの 嫉妬や邪推 の (悪い)気持ちが 見えないから
オビワンは かえって アナキンを 間違わせてしまったのです

暗黒卿 などと言いますが 「あまりにも幼稚な心の行き違いでしかなかったのです」



嫉妬はいけません 悪 だから 押さえ込む修行を しろ
そういうのを 日本人は 嫌がります

「どうしたら 嫉妬せずに 素直に 相手の美点を 褒め称えられるのでしょうか」
ということなのです


ゆるゆりで言うと 杉浦綾乃は歳納京子に 素直になれません
ほんとは好きなのに 内心を隠して 好きです 言えない わけです


どうしたら 素直になれるでしょうか?
正論:言わないと駄目です
そうなれればいいんだけど・・・
正論:なれないと永遠に成就しないよ
そんなのわかってる!バカなの?死ぬの?
正論:わかってるならなんで実行できないの?
正論:もしかして自分が傷つかずに都合よく楽して美味しい思いをしたいだけ?

・・・このへんで もうキレ始めて 殺すぞ になることもあるでしょうw

では 杉浦綾乃ちゃんが 素直になれない 理由は なんでしょうか?
「その答えは 素直になれたら 答えが出ます」

どうすれば 素直に あなたに 気持ちをぶつけられるのでしょうか?
それは 素直になれるまで 誰にもわかりませんw


こういった 心 というもので 全ての判断がされるのが 日本ですw
それがわからない人 は どんなにイケメンでも金持ちでも 全否定ですw


PSO2で言えば

火継ちゃんが 自分の気持ですら 「あやふや」 で どうしていいかわからない
のは 知能でも理屈でもなく 実は意思ですらなく 心 なのでした

心を具現化した 刀 は 「いわゆる宇宙最強の剣です」


SWのアナキンは その単純な 幼稚な 心 の 行き違いで 負けました

オビワンに暗黒面の 嫉妬や野心やキレやすい傷つきやすい 心が なかったから
アナキンの 嫉妬心を沈めることができず 余計に火を注いで 同僚ではなく敵にしてしまったと
そういうことです

嫉妬 妬み 恨み 羨み 欲望 エゴ 殺意 憎悪 陰険 昼ドラ的な 心
を <いけないことなんだ><罪なんだ>
というのは
日本人にとって 価値のある 考えではありません

むしろ 逆に 「何もわかりもしないくせに綺麗事を」 と 全否定される考えです


不倫やロリコンも 悪いことなんだとか 変態だとか 「そういうの道徳じゃないです」
その心を わかった上で 自分も他人も 傷つけないようにしようね


というルートにしないと 誰も 日本人 聞きませんし
やってはいけません とか 妨害し壁となるなら 「ニセモノ」 だと 即座に判断され
敵として殺されるでしょうw

それでも やりたい お気持ちならば ご自分の心を 信じなさいませ
失敗も ご自分の責任において 実行なさいませ
・・・と言う資格しか 道徳家には ないのです


悪いことでも あなたが必要とするならば どうぞ
というのが 心の判断 というものです

もちろん ボクを殺すとかなら 整然と無表情で 抵抗しますし 反撃しますけどねw


杉浦綾乃ちゃんも 素直にならないといけないのは わかってるのよね
それでも 素直になれないから 苦しんでいるのよね
その気持ちが わからない人は 気づかない ということですねw


自分が嫉妬深くて陰険でねちねちいつまでも悪口言う クズだって 「わかってるけど」
だれかさんみたいに きれいな心に なれない からこそ
綺麗で前向きな気持ちに なりたくて でもなれなくて
「自分が嫌いで」 もっと 悪いことしようとします

PSO2で言うなら コオリちゃんが 笑顔なのはHELPだって わからないのは
火継ちゃんが HELP呼んだ事が なかったから
いつも火継ちゃんは 強くて いじめにも 平気で喧嘩して 勝ってしまうから
心細いうじうじした弱虫な気持ち は 「わかってなかったんだよね」
自分が 負けて 心ずたずたになって 生きる意志すら 失って
本当は自分も ひとりぼっちで HELP叫んでて 愛されたかったって
初めて 自分の心弱さ が 分かったら
コオリがいつだってHELP呼んでいて それすら 言えなかったこと
に初めて 気がついた・・・


いい人 とは 悪い人の心 が わかってこそ いい人であり

強い人とは
弱虫やうじうじした嫉妬妬み悪口いじめとか陰険なずる賢さ とか そういう
「うじうじした弱い気持ちを わかった上に いる人」 のことです


アーデムがマザーに 剣を刺した シーンで
そのこととを より痛切に 思い

日本人が守ろうとしている一番大切なもの に 気づきました



小説 アルスラーン戦記で ファランギースは 女神官長 から言われる

道徳の説教(棒読み)
失敗したり挫折したりする気持ちや負けた気持ちが わからない人は
誰かを救うことはできないでしょう
神などいないのに その嘘にすがる 心の弱さも 理解できないでしょう
ずるいことや悪いことをやって痛い思いをしたことがない人にも
なにゆえそれが悪いのかも わからないでしょう
そういったあやまちを経験して乗り越えた者こそ神官として人を救う資格なのです
学業試験ではありません

言葉では棒読みかもしれませんが その女神官長は どれだけの苦労があって
失敗があって 泣き 悩み 怒り 憎み 悲しみ 恨み 羨み
罪があって 立ち直り 今があるかの その「言葉の裏側」が

あまりにも膨大で 六法全書など薄すぎる ほど の 中身があることに

ファランギースには 自分が どん底に堕ちてみると 否応なく 気付かされるのです



まあ、ネトゲはPSO2でもTERAでもFFXIVでも他でも

つながったひとつの世界 として 地図を創っている

PSO2のMAP内オラクルは ゲーム世界全体の 一地方 として考え
TERAのMAP内アルボレアも ゲーム世界全体の 一地方 として考える
FFXIVのMAP内エオルゼアも ゲーム世界全体の 一地方 として 旅をしたりする

これはネトゲを統合するという 知能アルゴリズム研究所の ゲーム戦略の一環である

 
PSO2でも相変わらず 芽夢・裕子・ブルース(幸子)・祥子 のインテルメンバーは
変化しない 裕子(ペルソナ)の自殺後 新キャラ創るのが めんどうだった のと
いろいろな 理由で 裕子のキャラクタのみ 復帰となった

中の人は 男性の定臣くん の人格で行動してますw

pso20170124_163316_000














幸子:これどうだ?なかなかイカスだろwww
幸子:ああ、全世界のサチコファンが泣くからな お前に涙は似合わないぜwwww
pso20170130_145511_000
















こうなったw
微妙に浅黒い肌とボーイッシュな髪型
ハンターという大剣の職になったw
ざっくばらんで 破天荒で 即断即決 突撃隊長
幼少時 旅行先で マフィアに レイプを受けて暴力を受け骨が折れ皮が破れて
人として正視に耐えないような状態で 一命を取り留めた 過去がある
PSO2ではその肉体を コールドスリープ等で修復する世界であるので
治癒しているが 「その襲ったマフィアは今この世にいないそうだ」
彼女いわく 「女は 愛と 復讐に 生きる」 なのだそうなw
幼少時の事も いつまでも固執しないで 常に陽気で 忘れるのは早い
どうにも 恋については 日々入れ替わりで お盛んなのだとかw
部下に 亮 というPSO2のストーリで言う アル のような年下の男の子が
いる・・・かなり 深く 大事にしているらしい
それは 前世で 死ぬ時に 共にしたという 事ならしい が 不明である
次は祥子
pso20170130_150812_001
















青ロンストレートの髪型と金持ちそうな上品な顔立ち
どこに転生しても 医療系志望だから 当然 テクター という 支援職
全員の中で 一番背が高い
財閥の娘で 道徳だけではなく 修道女としての修行も積んでいる

超 意地っ張り で 誇り高い 完璧超人 の 裏で
ぎゅっと くちびるを噛んでいる 「ZARDの坂井泉水が元ネタ」
怒ると 喋らなくなるw

一応、婚約者がいたが彼は地位をめぐる争いで暗殺されて彼女は婚前未亡人になった
一時 廃人化 するも 現在 清潔な道徳家 として 名声を得ている

次に芽夢
pso20170130_154420_000
















金髪碧眼の悪役参謀長 という設定通りの顔w
ドライでクールで冷酷冷徹無情の天才戦略家で
人の情が わからない時がある ある意味発達障害
それを百も承知で 重層的な罠にはめる 悪辣な女w
特技:扇動
とか履歴書に書いて「低能の面接官」を 引かせる のがむしろ特技w
KYを 意図的な悪意で 行い 引いている相手を 観察して楽しむのが趣味
彼女の趣味は リア充を恨んでいるような奴を 扇動して 操ることw
情報戦は ゲッベルスの生まれ変わりだという 設定だが それについては真偽は不明w
「中の定臣くんが一番好きなキャラです」
高校生の時に理想の彼女を描いてたら こんなのになったらしいが
今では 自分のキャラに恋する あまちゃんの創作家ではなくなったので
この天才参謀長に どんなオトコをひっつけようか 思案中であるが
ガチの 性的な 不感症 である
裕子と 友達以上の 時空を超えたつながりを持っている
どうも レズですらなく 魂の次元で 何かを共有しているレベルらしい
互いに オトコができようがどうなろうが 何の興味もない
問題は能力上 互いに 互いがいないと 何もできない ふたごのようなもの

霊界での友人 である

職業はバウンサーにした
http://www.wifedoll-ai.com/main.html
追記2017・3・17)
リンク先が閲覧できない 逃げた のかなw
ちなみにインテルのキャラ原案は35年前である
間違いなくわたくしが元ネタだ
まあこの作品は 別にわたくしに関係ない 足を引っ張るなよ?
人妻人形アイ の マゼッパ に どこか似ている部分も ある気がしたw
メイリンが 裕子w
wwww

・・・・

まだこのへんまでしか創ってないやw

知能アルゴリズム研究所 という ギルドも作成済みだが
毎度のようにソロGであるw

 


mem2















バレンタインデー で 「自分へのご褒美?」

うわっ、キモッ

おっと 失礼した 言い直そう

「自分へのご褒美だなんて可愛いね(棒読み)」

当然 「嫌味だ」

チョコなどを自分へ 過剰な ご褒美(笑)とやらで カロリーばかり食って

ブクブク太るだけの 貴様の 馬鹿さ加減は 見るに堪えないな

「金の無駄」 「カロリー高すぎで健康にもマイナス」 何のメリットもない

わたくしは甘い考えも 甘すぎる食事も 嫌いだ!

脳に 虫歯が食うだけのこと

そういう 脳に虫喰ってるような 脳みそだから 「負けて火の海になるのだ」


チョコ?

実用性としては カロリーが枯渇した 生死の境目 ならば 有用だな(無表情)

そもそもだな・・・・


yuko















はいはーい ほら 芽夢 バレンタイン 友チョコ だよー

あげるねー

なにやら 手作り だったりするーw

mem5















お前 今までの話 聞いてないだろ?

金の無駄ではないか。

わたくしを 太らせる気かね?

脳を虫歯にさせる気か!

yuko














いやー あたしは 自分へのご褒美とか いらないw

わりと 内面は 自分に甘くないからねw

たださー 最近 芽夢 痩せた? よね?

甘いものとか 無駄を まるでしないから 贅肉がつかないんだよ

軍人としては それはいけないね もうちょっと 贅沢してください

そういう人に限って 自分へのご褒美や贅沢を しないから

「心配なんだよ」

だから 受け取ってね

mem














いや・・・必要ない

というか 迷惑だ もらう方も めんどうなのだ 身勝手なことをするな

yuko














これ 今日の夕食ね

食べないと カロリーの計算が 狂うので きちんと 食べてください

memr1















チッ・・・・(顔赤い)





筆者いわく・・・

変に 理屈だった 考えしかできない 彼女は

数日後 精巧な芸術品のような 手作りのチョコを 「仕返し」

してやったとか・・・・・w

借金するのが嫌 であるらしく これだけ されると これだけ 返さないと

「イライラするらしい」

犀利な頭脳 の所有者である がゆえに 我欲の欠如 が 顕著な 欠点もあるというわけw

実際に 間食 しているのを 見たことがないw

チョコとかお菓子とか まったく 食べないらしいですw

彼女いわく 「カロリーと金の無駄」 なのだそうですw


からーーーーーーーーーーーーーい!



*)一応、ユーコの ペルソナだけ 復活させましたが
中の人の キャラまでは 変化しない レベルまでの 運用です



mem02-20


 

朝鮮日報

朝鮮の新聞が まともなこと言ってる (;゚Д゚)

--------------------------------------------

コラム】韓国はみんな狂っている、まともではない

 【コラム】韓国はみんな狂っている、まともではない

 「朴大統領ヌード風刺画」事件は、芸術の話とはいえない。あれは、政界の現実を示す政治スキャンダルだ。問題の作品は、芸術と呼ぶのが恥ずかしくなるほど粗悪なものだ。風刺とユーモアではなく、女性性を突きまわす敵意に満ちている。あれを国会という公的な舞台に引っ張り出したのが、政治だった。闘争心に燃える一議員が、政治を荒れた場にした。質の悪い風刺も、荒れた政治も、正気の沙汰ではない。
先週、サムスンの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の拘束令状を棄却した判事に「電話テロ」が殺到した。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS、会員制交流サイト)は、ありとあらゆる悪口と人身攻撃であふれかえった。大衆の暴走が攻撃性を帯びて暴力化するのは、今に始まったことではない
 少し前、改憲の報告書を批判した最大野党「共に民主党」所属の議員に対しても「文字テロ」が行われた。数千通の中傷メールや、後援金額より事後処理費用の方が高くつくといわれる「18ウォンの後援金」が殺到し、電話番号を変える議員が続出した。攻撃を主導したのは、文在寅(ムン・ジェイン)「共に民主党」前代表の熱烈な支持者らだった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代に「紅衛兵」役を果たした「ノッパ(盧武鉉支持者)」部隊が復活したかのようだった。
 驚くべきは文・前代表の対応だった。文氏は支持者に自制を訴えるどころか、文字テロをかばった。「政治の公人であれば、メッセージを受け取ることもあるだろうと理解しなければならない」と、被害に遭った議員を訓戒した。易地思之、立場を変えて考えてみる。文・前代表は、反対者に自分の携帯電話の番号を公開していても、そう言うだろうか。数千人が電話をかけてきて悪口を浴びせても、笑っていられるだろうか。
 今の時点で、文・前代表は大統領に最も近い人物だ。しかし大統領というポストの重みから考えると、危なっかしく思う部分は一つや二つではない。公務員の雇用を80万人分つくるという公約がそれだ。この構想には「元祖」が存在する。デフォルト状態に陥ったギリシャだ
 ギリシャの悲劇は、およそ30年前にポピュリズム政権が成立したことで始まった。「官製雇用」政策が始まったのもこの時期だ。ギリシャは数十年にわたり、国が借金までして公務員の給与の支払いに苦しんだ。その結果、コメディーのようなことが起こった。人口1100万人のギリシャで、国営放送局の職員の数はCNNテレビより多かった。鉄道当局の赤字があまりに多額で、いっそ乗客をタクシーに乗せて運んだ方が安くつくというほどだった。そもそも持続不可能な政策だった。
 全く同じ狂気の沙汰を、韓国でもやろうと言う。それも、次期大統領の可能性が最も高い候補が公約をして掲げたのだから、絶句する。公務員を80万人雇おうとすると、どんなに少なくとも年に30兆ウォン(約2兆9000億円)以上はかかる。カネを都合する奇跡のような方法でもあるというのか。
 今、韓国は国が理性を失いつつあると感じる。大統領になるという指導者らは、権力欲に目がくらんでいる。政治家は扇動し、大衆は集団狂気を噴出させている。理性が行方をくらまし、憤怒と感情、アブノーマルがのさばる国になった。全てが滅びようとしているかのようだ。
 その頂点には、昨今の事態を招いた朴槿恵(パク・クンへ)大統領がいる。国中がこんなめちゃくちゃなのは、大統領が引き起こした事態だからだ。一日も早く混乱を収拾できるようにする最大の責任は、大統領にある。にもかかわらず、朴大統領は疑惑の実体について沈黙したまま、国の混乱をほう助している。真実を明らかにするのではなくメディア戦を繰り広げ、時間稼ぎという印象を与えている。
 大統領は、国政介入疑惑が「うその山」だと主張した。しかし、明白なうそが明らかになったのは大統領側だ。ミル財団・Kスポーツ財団の設立経緯についてうそをつき、ブレーンらとでっち上げを謀議したという証言まで登場した。こんな大統領が首脳なのか。韓国人が見ている大統領は、本当に「国と結婚した」と言っていた大統領その人なのか。
 しかし、朴大統領は「過去」にすぎない。より大きな問題は「未来の大統領」たちだ。大統領の座をめぐる競争に参加した大勢の候補が、皆そろって無責任な方向へ疾走している。軍服務期間を短縮し、ソウル大学をなくすという。韓国国民全員に130万ウォン(約12万7000円)ずつ分配すると言う候補もいる。みんな理性を失った。まともではない。
 問題は、国全体が非正常に慣れ、あまりにも無感覚になっている点だ。無責任な公約が守られるだろうと信じる人もいない。むしろ、自虐的・扇情的であるほど、大衆の人気も高まる。大衆は近視眼的な利己主義に走り、政治家は迎合する。誰も冷静に国の未来を考えない。
 国は「他殺」されないという。これは、外敵が来る前に、内部の矛盾のせいで自滅するという意味だ。古今東西、人類史において国が「自殺」する原因は共通している。利己主義とポピュリズムだ。大衆が目前の利益に駆られ、支配エリートが迎合するとき、国は衰亡する。韓国は今、そんな状態にある。
 トランプ台風に中国の脅しと、国外の心配事は多い。しかし本当に心配すべきは外ではなく、韓国そのものの問題だ。非理性と大衆の暴走、近視眼的利己主義と魂なきエリートが、韓国を衰退の道へと引きずり込んでいる。

-------------------------------------------
まともだw
高い見識を持ってるしw
やはり朝鮮の内部にも普通に良識派はいるんだw

> 
古今東西、人類史において国が「自殺」する原因は共通している。
>利己主義とポピュリズムだ。大衆が目前の利益に駆られ、支配エリートが迎合するとき、
>国は衰亡する。韓国は今、そんな状態にある。
 
いやマジで めちゃお利口じゃんw
びっくりしたw
こういう人が政府の中枢にもう少し多ければ韓国ももっと健全だったんだろうに
日本も 利己主義を道徳に シフトしないと 滅ぶところだったんだよ?www
わかってんのかw

ヤン提督いわく
----------------------------------------------------------
うん、どう言ったらいいかな。
山を見るにしても、一方からだけ見ていては全体像がつかめないというか。
いや、それより、ちょっとお前に聞きたいんだが、 このまま行くと我々は、どうやらローエングラム侯と死活を掛けて戦わなくてはいけないらしいんだが、そのローエングラム侯は果たして悪の権化だろうか?

ユリアン
えっ?それは違うと思いますが。
ヤン
そりゃぁ、そうさ。悪の権化なんて、三流のテレビドラマの中にしか存在しない。
むしろ悪と言うなら、今度、同盟は帝国の旧体制派と手を組んだ。少なくとも歴史の流れを逆転する側にくみしたと言うことだ。
後世の歴史家は、我々こそ悪の陣営と色分けするかもしれない。

ユリアン
まさか、そんなこと。
ヤン
そういう観点も歴史にはあるということさ。だけど人間は、自分が悪であるという認識に耐えられるほどに強くはない。
だから、それぞれの正義を信じて、それを他人に押しつけようとして闘うのさ。

ユリアン
絶対的な正義なんて、ありはしないということですか。
ヤン
そう。だから、ユリアン、お前がフェザーンに行って、彼らの正義と私たちの正義との差を目の当たりにすることができるとしたら、
それはたぶん、お前にとってマイナスにはならないはずだ。それに比較すれば、国家の興亡など大した意義はない。本当だよ、これは。

ユリアン
自由惑星同盟の興亡でもですか?
ヤン
そうだなぁ、私が年金をもらう間ぐらい、もってほしいけどね。だが、歴史的意義から言えば、
自由惑星同盟はルドルフ・フォン・ゴールデンバームの政治思想に対するアンチテーゼとして誕生したんだ。

ユリアン
はい。
ヤン
専制に対する立憲制、非寛容な権威主義に対する開明的な民主主義、まぁ、そういったものを主張し、実践してきたわけだが、
ルドルフ的なものがローエング ラム侯の手で一掃されてしまえば、敢えて同盟が存続すべき理由もなくなる。
なぁ、ユリアン。人が必ずいつか死ぬように、国家だって永遠にして不滅のもの じゃない。
国家なんてものは単なる道具にすぎないんだ。そのことさえ忘れなければ、たぶん正気を保っていけるだろ
----------------------------------------------------------
正気を保っていきたいですねぇ・・・w
国家や民族や人種というものに 惑わされて 普遍的な悪行を いつのまにかやってしまって
「正気の沙汰じゃない状態」に 気づかないで 発狂して
人類社会から 転げ落ちていく・・・

まとも というのは 恋についても愛についても夫婦についても 「ありますし」
便利な道具とか お金でなんでも買えるとか テクノロジーとか 目がくらんで 
人間社会から 漂流して 宇宙の彼方へ 飛んでいかないように 注意してほしいですね
 
 
ウェンディ語る











ネットの夢の世界 も ある地点で 宇宙遊泳のロープを こっちは握ってるんだけど
「まさに宇宙の深淵を見るかのような怖い話w」
手を離すと 宇宙の深淵へ 人間社会から 永遠に とんでいくんだよーw

こわっw

まあ
テクノロジやお金や地位や競争や欲望に 目がくらんで 反れていかずに
正気を保っていきたいですねw
 

日本の人々が これを 取り上げてる わろたw
やっぱり びっくりしたんだろw
 

↑このページのトップヘ